裏側矯正

 

incognito画像.jpg
歯並びを直すために矯正治療を求める成人の患者さんはますます増えており、多くは見えないかほとんど見えない装置を好みます。

 

裏側矯正装置を選択する前にメリットとともにデメリットを知ることは大事な事と考えます。この装置を選択すべきかどうかの判断に役立ちましたら幸いです。

 

以下に一般的な裏側矯正治療の主なメリットとデメリットを紹介します。


【裏側矯正(舌側矯正)のメリット】

装置が外側からは全く見えない(特に上の歯)ため治療中の審美性が損なわれないこと

ホワイトニング(オフィスのみ)が同時に可能なこと

 

【裏側矯正のデメリット(リスク)】

喋りにくい発音がある(滑舌が悪くなる)

舌に当たり不快になる

 

裏側矯正お試し.gif

近年は裏側矯正の装置も小型化しうすくなっていますので多くの方は慣れていますが、不安は残ると思います。

 

そこで当クリニックでは治療前に裏側矯正装置を部分的(前歯・臼歯部)につけて体験していただき、慣れる自信があるかどうかを試すことができます。現在5千円(税抜き)で承っております。

 

 歯磨きが難しくなる(特に上の前歯の裏の歯茎が腫れやすい)

 舌の正常な位置が難しくなる

舌側矯正装置で舌が入るスペースが狭くなるため正しい位置を保つことが難しく、鼻呼吸に影響を及ぼしたり後戻りへの影響もあります。

 予測模型(治療後のシュミレーションをした模型)に合わせた歯並びになる※

 

※ 当院で採用している裏側矯正装置は手作業やCAD/CAMのロボット技術を使って治療後の歯並びを予測し、それにあわせてワイヤーを曲げ、ワイヤーの力を主に利用して動かします。そのため事前にロボットが曲げたワイヤーの形の通りに並びますので表側と同じでキレイに並びます。

これをメリットと考えるかデメリットと考えるかは先生によって違いますが、当クリニックでは呼吸機能を正常化し舌や口唇、頬、咀嚼筋、頸部筋などの筋肉の力の調和が取れた自然な位置に歯並びや顎を整えていきますのであらかじめセットアップされた予測模型で決める治療法はデメリットとしています。また、Point4の舌の正常な位置が取りにくいことも口腔周囲筋との調和を難しくしています。

 

他の矯正治療法とのより詳しい比較表も参考にしてください。

 

これらのメリット・デメリットを理解した上で裏側矯正を選択されると患者さんも安心して裏側矯正治療を受けることができると思います。

 

舌側矯正装置winimagebanner.jpg

スマイル.jpg

Harmony Logo.jpg

インコグニートロボットベンディング.jpg当クリニックで採用している裏側矯正システムはドイツのウィンシステム、インコグニートまたはフランスのハーモニーというCAD/CAM技術を用いて患者さんごとに装置を作ったりロボットが矯正装置やワイヤーを曲げるシステムです。

 

裏側矯正では舌の痛みや違和感を軽減することが治療中の痛みを抑えて快適にする最も大きな要因となります。ウィンシステムやインコグニートは構造がシンプルで患者さん個人の歯の裏面の形状にフィットさせた完全オーダーメイドの装置を作るようドイツの職人さんに発注します。このため現在最も薄い舌側矯正装置を作成でき、治療中の舌の違和感を最小限にします。

 

ウィンシステムはドイツのDirk先生がインコグニートの後に新しく作った装置で薄く丸みを帯びインコグニートに似ていますが細かなアップデートがなされています。

舌側矯正装置winsystem.jpg

当院の院長はこのウィンシステムの認定ドクターですので利用が可能です。

 

インコグニートは構造がシンプルなため現在最も薄い舌側矯正装置を作成でき、治療中の舌の違和感を最小限にします。

舌側矯正装置.jpg

 

当クリニックの院長はインコグニート認定ドクターなのでこのシステムで治療が可能です。

 

harmony 装置.jpgハーモニーは装置にワイヤーを留めるための蓋がついておりワイヤーを縛る必要がありません。(右の図を参照ください)

 

そのためワイヤーを縛るときの切れ端が出ませんので衛生的です。同時にワイヤーと装置間の摩擦が軽減され、特に初期の治療ステージにおいてガタガタが速くほどけて治療スピードが向上する傾向があります。

 

ただ、装置が圧倒的に大きいのでインコグニートやウィンシステムといった裏側装置と比べると違和感が大きいです。大きさは伝統的な裏側矯正装置(Kurtz)同等かそれ以上に大きいためかなりの違和感が出ることが予想されます。実際、当院のデータではウィンシステムやインコグニートでは慣れなかった人はいませんが、このハーモニーでは慣れなくて表側矯正装置に変更した人もいます。

 

 

【金属アレルギーについて】

インコグニートは矯正装置(ブラケット)材料の主な成分が金合金でできており金属アレルギー反応を最小限に抑えます。

 

金はチタンやジルコニアとともに金属の中では生体親和性が高いので、もし金属アレルギーが心配な方で矯正歯科治療をお考えの方には比較的安全な装置といえるでしょう。

 

ただし初期のワイヤーにはニッケル(NiTiワイヤー)が含まれるものを使用するので絶対アレルギーが起きないとは言い切れません。

 

一方、終盤の治療ステージでは比較的金属アレルギーが出にくいとされるβチタン系のワイヤーを使用しますので金属アレルギーの方がインコグニート裏側矯正装置の適応かどうかはどれだけ早くそのステージにいけるかにもよります。

 

当院では基本的には金属アレルギーの方の矯正治療は表側のセラミックをおすすめしますが、どうしても裏側矯正がいいという方はまずお試しで裏につけて様子を見ます。当院では重度から軽度まで裏側矯正の治療経験が豊富にありますので安心してご相談ください。

 

【ウィン/インコグニート/ハーモニー治療の流れ】

表側からの矯正治療の流れとほぼ同じですが、異なるところがあります。

 

診断が終わった後、ドイツまたはフランスの矯正技工ラボに精密な資料を送るため、シリコンで歯形を取り、写真とともに郵送します。その約1ヶ月〜2ヶ月後、ドイツ・フランスから送られてきた裏側矯正装置をフェイストーク麻布十番矯正歯科が患者さんの口腔内に装着して治療開始になります。その後はロボットがコンピューターシュミレーションどおりに正確に曲げた一連のワイヤーを当クリニックが順番にいれて治療が進んでいきます。

 

【料金について】

もちろんインコグニートやウィンシステムは世界で最も薄い裏側装置で外れにくい装置ですので患者さんにとっても快適ですが、いままでの裏側矯正と違い、ウィンシステム、インコグニートやハーモニーはこれまで矯正歯科医の手で行っていた作業、例えばワイヤーを曲げる作業や装置が外れた時の再装着など裏側矯正治療で手間がかかっていた多くの部分をこのようにロボットを活用することで矯正歯科医側の負担を軽減することが可能になりました

 

裏側矯正は高いと思われていますが、この技術革新のため、当クリニックではインコグニートやハーモニーを導入することで表側からの矯正治療の料金と同じ料金で裏側矯正を提供しております。その結果、料金ではなく患者さんが最も望む方法で最適な矯正治療が受けられるようになりました。


【上だけ裏側矯正、下を表側矯正(ハーフリンガル)】

上下とも裏側矯正だけでなく違和感や発音などの裏側矯正のデメリットを軽減するひとつの方法として上だけ裏側矯正、下を表側矯正で治療するハーフリンガルと言う方法も可能です。見た目としても上の裏側矯正は見えませんが下の裏側矯正はバレないと思っている方も多いかもしれませんが口を開けると見えてしまいます。ですのでハーフリンガルでも見た目の問題も少なく治療を行うことができます。詳しいハーフリンガルの説明は以下の記事を参照してください。

 上だけ裏側矯正、下を表側矯正で治療する方法について

 

【裏側矯正治療の費用の目安】

 裏側矯正の値段・分割払いについて

 歯列矯正の費用の目安について

 

【他の矯正治療との特徴の比較一覧表】

 様々な矯正治療のメリットデメリット一覧を参照ください

 

【関連記事】

 金属アレルギーがある患者さんの裏側矯正治療について

 裏側矯正で抜歯後のスペースへの見た目への配慮について

 CAD/CAM技術ロボットが作る装置インビザラインについて

 アラサーの方が裏側矯正を考えるときのアドバイス

 顎変形症の治療を裏側矯正でやりたい場合

 裏側矯正で治療すると出っ歯になるの?

Atsuo Kudoh info@facetalk.jp

資料請求バッジ.gif

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 03-6435-2631

ここからも資料請求できます。

結婚や仕事もあるアラサーでも裏側矯正はできるの?

人生のイベントが立て続けに起こるアラサーの方にとって歯並びや噛み合わせの矯正を裏側矯正治療で行う際に気を付けることをアドバイスいたします。

 

まず、裏側矯正の一般的なメリットは見えないことです。結婚を控えた方であれば装置が見えないことは大きなメリットではないでしょうか?歯を白くしたい場合にも表に装置がないためホワイトニングが可能ですので挙式時に白い歯にもできます。

 

一方、裏側矯正のデメリット(リスク)も伝えておきたいと思います。裏側矯正は舌がある側(裏側)に装置やワイヤーなどが付くため違和感があったり発音がしにくくなって滑舌が悪くなります。医療人として最も伝えなければならない裏側矯正のリスクはその清掃性の悪さです。人にもよるのですが一般的には裏側は表側の装置と比べると見えないため特に上の前歯の裏側が腫れやすいです。血も出やすくなったり口臭も強くなる人もいます。

ですので仕事をされている方であればプレゼンやコミュニケーションにも影響が出ることが考えられますので注意が必要です。

 

このようなデメリットを抱えながらもなるべく快適に裏側矯正治療をしたいアラサーの方はこれらのデメリットを抑えるような裏側矯正を選ぶべきです。つまり、装置は薄く、違和感と発音への悪影響が少ない裏側矯正装置で治療し、ブラッシングや口腔内衛生の指導をちゃんとしてくれるクリニックを選ぶべきです。

 

【アラサーの方が選ぶべき裏側矯正】

当院で採用しているオーダーメイドの裏側矯正装置は非常に薄く歯の裏面にフィットさせることができますので違和感と発音への悪影響を最小限に抑えます。従来の矯正装置(裏側も含め)オーダーメードではなく既製品を接着剤でつけるのでどうしても厚みが出てしまうのです。そのため慣れない人や発音、清掃性にも問題がありました。また、一般的に表側の矯正装置と比べて治療スピードが遅くなる傾向があります。

win_brace.jpg

従来の裏側矯正のデメリットを解消するために当院では開業時からオーダーメイドの裏側矯正装置とロボット技術の活用で患者さんと術者(ドクター)の負担を減らすことに成功しました。つまり患者さんにとってのメリットだけでなく術者側のメリットが大きいため当院では表側矯正装置と同じ料金で裏側矯正治療を行っています。術者側のメリットにはワイヤーを曲げる必要がないことや装置が外れにくいため急患対応が減ることなどが挙げられます。装置の装着も早いですし従来の裏側矯正の難しさの大部分を解消しています。

 

つまり、アラサーの方で裏側矯正を考えている方はさまざまな人生イベントがあるためなるべくデメリットの少ない裏側矯正装置で行うことが大切です。先端技術を応用した裏側装置を選ぶことはベストな選択肢の一つだと考えます。

 

【まとめ】

  • アラサーの方で裏側矯正を考えている場合は裏側矯正のデメリットを最小限にした装置と治療中の口腔内衛生ができるクリニックでおこなうべき
  • ロボット技術とオーダーメイド装置を使うと薄く取れにくい矯正治療が可能になる
  • 術者の負担も減るため料金もリーズナブルに行うことができるのでアラサーの時期に出費を抑えることができる

 

関連記事】

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 

資料請求バッジ.gif
03-6435-2631
ここからも資料請求できます。

金属アレルギーと裏側矯正

 

当院は開業以来だいぶ経ちますが矯正治療で金属アレルギーの患者さんが多く来院されてきました。金属アレルギーの患者さんは基本は表側でセラミックと純チタン製のブラケット(装置)で治療します。ところがどうしても裏側矯正をしたいという金属アレルギー患者さんもいてそのような方も裏側矯正で工夫しながら治療してきました。このような金属アレルギーと矯正治療の豊富な経験から、今回は金やプラチナまで金属アレルギー症状が出ているような重度の患者さんの裏側矯正治療について裏側矯正で気を付ける点などを述べていきたいと思います。

 

【金属アレルギー患者さんの口腔内の特徴】

金属アレルギーは矯正治療でもよくつかわれている亜鉛(Zn)やニッケル(Ni)などのアレルギー症状が出やすい金属のタイプがあります。一方、金やプラチナなどは金属アレルギー症状が出にくいとされる金属ですが、私のクリニックには金やプラチナにも金属アレルギー症状が出る患者さんも裏側矯正を希望されて来院されます。そのため裏側矯正における金属アレルギーの患者さんの経験もあります。

 

知っておくと面白いと思いますが、金属アレルギーの患者さんの口腔内は保険でつくられた銀歯が何本も入っていることが多いです。保険治療を悪く言うつもりはないのですが実際に歯のクリーニングをしていて銀歯を磨くとブラシが真っ黒になるため食事や熱などの機械的、化学的な反応で確実に溶け出していることがわかります。なので皮膚科のお医者さんで金属アレルギーの治療を専門にする先生は口腔内を必ず見ます。

 

【金属アレルギー患者さんのための裏側矯正】

裏側矯正装置は当然金属でできていますし、舌と接触している時間が長いので金属アレルギーの症状が心配になります。私の長年の裏側矯正と金属アレルギー患者さんの治療から、金属アレルギーが出る金属が少ない装置で治療することでうまくアレルギー症状を抑えながら裏側矯正治療をすることができております。

 

たとえば、ニッケルに金属アレルギーがあるのであれば、ニッケルを使用したワイヤーを使用する期間を短くしてβチタン系のワイヤーに変えて治療するとか、金合金でできた装置で治療することで症状をうまくコントロールできています。もちろん裏側矯正でも存分に矯正用ワックスでカバーすることで直接金属と触れないで治療を行うこともうまくいくポイントでした。

 

当院ではトヨタが開発した特別なβチタン系金属を活用することで裏側矯正でも金属アレルギー患者さんに対応可能になっております。また、当院の裏側矯正はロボット技術の活用とオーダーメイドの装置をドイツに発注して違和感の少ない裏側矯正治療にしているのですが、金属アレルギー患者さんには金の分量が多い装置を付けるようにしています。詳しい裏側矯正の治療法についてはこの記事をご参考になさってください。

 

【まとめ】

  • 金属アレルギー患者さんでも適切な配慮がなされれば裏側矯正ができる
  • 十分な金属アレルギー患者さんの裏側矯正の経験のあるクリニックで治療すべき
  • 装置やワイヤーに含まれる金属の種類と金属アレルギーが出る金属の種類を知っておくべき
  • うまく金属アレルギーに対応するためにはさまざまな工夫が必要

 

【関連記事】

 裏側矯正のリスクとメリットについて

 金属アレルギーの矯正歯科治療について

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 

資料請求バッジ.gif
03-6435-2631
ここからも資料請求できます。

顎変形症を裏側矯正で治療したい方へ

顎が大きく左右にゆがんでいたり、顎が出すぎたりして咬み合わせもズレている人を『顎変形症』と診断します。もし矯正歯科医から顎変形症と診断されたら顎の骨を切る外科手術を伴う矯正治療を保険で行うことが可能です。

 

【顎変形症に使える矯正装置の種類】

保険で行う場合は『術前矯正』と言って手術の前に行う矯正治療からスタートします。これは顎がゆがんでいる方向に一時的ですがよりひどくなる状態に歯を動かして手術に備える期間で通常の矯正治療と同様、2年程度かかります。顎変形治療中は歯にワイヤーと装置(ブラケット)がついていて、術前矯正が終わり次第、手術、術後矯正(1年程度)という治療の流れになります。

 

この顎変形症の保険治療では使える矯正装置が決まっていて表側の装置のみ使用が可能です。裏側矯正は保険の適応ではないのでもし顎変形症で裏側矯正で治療をしたい場合には通常の矯正治療と同じ自費治療でやることになります。

 

自費治療の場合は矯正治療料金の他に外科手術料金も加算されますのでクリニックにもよりますが大体矯正治療料金の2倍以上かかります。そのくらいの料金を支払っても裏側矯正で顎変形症の治療を行いたいという患者さんもおりますので料金と自分の求める治療が釣り合っているかどうか今一度考えてみてください。

 

【裏側矯正で顎変形症の手術を受ける場合】

もし、顎変形症の治療を裏側矯正でやりたいとなった場合は保険の術式以外にも治療の選択肢が増えます。たとえばサージェリーファースト(surgeryfirst)と言って外科手術を先に行いその後矯正治療で噛み合わせと歯並びを整えていくという方法があります。サージェリーファーストの良い点は術前矯正がほとんどいらないため期間が短縮される、顔貌が先に改善されてモチベーションが上がる、術後矯正も筋肉の付き方が変わるため動かしやすいことがあります。

サージェーリーファーストが可能になった背景には骨を切った後に固定しておく器具(チタンプレート)が浸透してきたため術後の安定性が増したためです。昔は『囲繞結紮』といってワイヤーでくくって止める方法がメインでしたので術後の安定性が悪く術前矯正で噛み合わせを整えてから手術するほうがうまくいっていたのです。

 

当院でも顎変形症で裏側矯正をしたい方はサージェリーファーストで治療を行っています。顎変形症の治療は矯正歯科医と形成外科医あるいは口腔外科医の知識、美的センス、そしてなにより治療技術に大きく左右されるため私は特定の形成外科医と自費でサージェリーファーストを行っています。

 

最後になりましたが、顎変形症の外科矯正に伴うリスクでよくあるのが顎や唇周辺の知覚麻痺です。戻ることが多いですが時間がかかる場合もあります。実際始まったら外科医とのコンサルティングもあるため具体的なリスク説明があります。よく外科医の説明を聞いてリスクを理解してください。

 

【関連記事】

 裏側矯正のリスクとメリットについて

 金属アレルギーと裏側矯正について

 

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 

資料請求バッジ.gif
03-6435-2631
ここからも資料請求できます。

裏側矯正治療の値段について

裏側矯正も含め矯正治療は自費治療(100%負担)ですので保険治療(3割負担)ではありません。ですが翌年の確定申告時に『高額医療費控除』で収入に応じた割合である程度戻ってきます。

 

【一般的な歯の裏側矯正の値段について】

歯科矯正は自費治療ですのでクリニックや先生の考え方、使用装置などさまざまな要因によって値段が異なります。一般的な裏側矯正の値段は120万で調整料金が8千円といったところでしょう。ほとんどのクリニックでは表側矯正よりも高く設定するのが普通です。主な理由としては裏側矯正装置を付けるときに歯型の模型から『ジグ』という補助装置を職人さんに頼んで作ってもらうからです。調整料も少し高くなっていますが裏側の方が難しいからといった理由になります。

 

【当院における裏側矯正の値段について】

当院ではロボット技術とデジタル化を進め、完全オーダーメイドの裏側装置をドイツの職人さんに発注しています。これは患者さん側にもドクター側にもメリットがあります。患者さん側のメリットとしては装置が非常に薄いため違和感が軽減されること装置が外れにくい(歯の表面にフィットさせ接着面積も広く作られているため)ので付け直しの手間が減ることなどが挙げられます。ドクター側のメリットとしてはロボットがワイヤーを曲げてくれるので楽、装置が取れにくいため急患対応が減る、装置を付けるときに上顎に一気につけれるので楽といった負担軽減のメリットがあります。

このようなロボット技術の導入によって当院では裏側矯正でも表側矯正でも変わらず治療を行えるため表側の料金と裏側の料金が同じです。これは開業以来変えておりませんが、このような裏側矯正システムを長年使ってきた経験から言わせてもらいますと従来の裏側装置はもう使いたくないというくらい楽です。もし詳しい料金表をご希望でしたら下のリンクから資料請求をしてください。

 

このように裏側矯正の値段は保険治療ではないので相場はありますがクリニックや院長の考え方次第で変わります。もちろん選ぶ際には診てもらう矯正歯科医がどのような矯正歯科の経歴や経験をもった人なのかが一番大事です。くれぐれも裏側矯正の値段だけ見て選ばないようにしましょう。

 

【裏側矯正治療費の分割払い】

歯科では何十万円という治療費が自費治療では普通にかかってきます。ですので分割払いも良く利用されます。当院の場合ですと裏側矯正の分割払いはクリニックで分割する場合、手数料無料で2,3回分割まで、クレジットカードの分割(多くは12回分割まで)もできますがこちらはクレジット会社に手数料を支払う必要があります。60回など分割回数を多くしたい場合には『デンタルローン』という歯科専用のローンも組めますが、当然分割手数料回数が多いほど手数料が高くなっていきます。

 

【まとめ】

  • 裏側矯正の値段は自費治療なのでクリニックによって異なる
  • 一般的には表側矯正より裏側矯正の値段のほうが高い
  • 先端技術(ロボット技術やデジタル化)を取り入れることで労力を減らし表側と裏側矯正で値段に差がないクリニックもある

【関連記事】

 裏側矯正のメリットとリスクについて 

 矯正治療の料金の目安について

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 

資料請求バッジ.gif
03-6435-2631
ここからも資料請求できます。

裏側矯正をすると出っ歯になるのか?

出っ歯はその名の通り上の前歯が前に滑り台の様に突き出ている前歯の状態をいいます。裏側矯正をすると出っ歯になると考えている方もいるかと思いますが診断次第で表側矯正でも出っ歯になります。結論から言うと、特別に裏側矯正だからと言って出っ歯になることはありません。ちなみに出っ歯の矯正治療についての記事も参照してみてください。

 

【なぜ出っ歯になるのか?】

裏側矯正で出っ歯になったと感じる人がいるということについて矯正歯科医として考察するに、八重歯など叢生がきついにもかかわらず抜歯をしなかった場合は出っ歯になりますのでなぜ抜かなかったのか診断を見直すことです。

では、さらになぜ非抜歯で頑張ろうと思うのかその背景を考察してみましょう。

 

非抜歯矯正とは一般に小臼歯を抜かないで矯正治療をすることです。先ほども挙げましたが八重歯でガタガタがきついにもかかわらず非抜歯でやると前歯が突出しますので普通は抜歯します。もし裏側矯正だから非抜歯というなら装置の種類や技術的な問題があります。当たり前ですが裏側矯正だろうと抜歯すべき時は抜歯すべきです。

 

【抜歯矯正に必要な装置の特徴】

抜歯矯正では断面が四角のある程度硬いワイヤーできないと抜歯した隙間を綺麗に閉じることが困難になるため、裏側矯正で断面が丸い柔らかいワイヤーしか使わないという特殊な治療スタイルですとそもそも抜歯矯正は裏側矯正でやるべきではないです。わかっていてあえて非抜歯にしたのなら裏側矯正で出っ歯になるのもわかります。

 

実際、裏側矯正で断面が四角のワイヤーを入れるということは装置の装着位置が3次元的にかなり正確でないときっちり入れること自体難しいものです。なので裏側矯正では事前に『ジグ』という補助装置を使ってなるべく正確に矯正装置をつけようとするのです。

この問題を解消するために当院ではロボット技術とデジタル化を推し進めロボットに曲げてもらった断面が四角のワイヤーを最後までしっかり装置に入れることが容易にできます。抜歯すべきときには抜歯するので裏側矯正でも出っ歯にならずに表側矯正同様に矯正治療を行うことができます。

 

【まとめ】

  • 裏側矯正で出っ歯になる理由は抜歯すべきなのに抜歯しないから
  • 抜歯矯正を実行できる適切な装置や技術に問題があると出っ歯になるだろう
  • つまり、裏側矯正だからといって出っ歯になるわけではなくその先生の考え方、治療スタイルの問題

【関連記事】 

 裏側矯正の値段・分割払いについて 

 金属アレルギーがある患者さんの裏側矯正治療について

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を!

資料請求バッジ.gif
03-6435-2631
ここからも資料請求できます。

上だけ裏側矯正で下を表側矯正でやりたい方へ

【上だけ裏側矯正、下を表側矯正という選択肢】

上だけ裏側矯正で下を表側矯正で矯正治療を施術する方法を一般に『ハーフリンガル』と言います。上だけ裏側矯正を行うことにどんなメリットがあるのでしょう?

 

ハーフリンガルでやるメリットとしては、裏側矯正のデメリットである違和感や発音、清掃性の悪さといった悪影響を単純に半分に軽減できます。特に違和感は表側矯正より裏側矯正のほうが違和感が強く、上の裏側より下の裏側のほうが違和感が強くなるので上だけ裏側という矯正治療には上下とも裏側矯正とくらべて数年かかる治療中の快適さにもメリットがあるのです。

 

下につけた裏側矯正装置は見える?】

上だけ裏側矯正という方法は裏側矯正のメリットである装置が見えないという見た目の面もよく考えられています。特に女性は上の前歯が見えて下の前歯は笑ってもあまり見えない方が多いと感じていますのであえて違和感の強い下の裏側矯正装置を装着する必要がない場合もあります。また、口を開けて笑うと上の裏側矯正装置は見えませんが、下の裏側矯正装置は見えてしまいます。裏側矯正だとバレないと考えて始めてもバレるのは下の裏側矯正装置が口を開けると見えるからです。一度鏡に向かって口を開いてみるとわかりますが下の内側がよく見えます。

下だけ表側矯正で行う場合、下につける表側装置も透明な装置と白いワイヤーを使った目立たない矯正装置を使うことになります。裏側矯正を希望される患者さんというのは表側でも白く透明な装置を希望されることが多いのです。現在はセラミックやジルコニアといった透明〜白の装置と白いコーティングされたワイヤーがあるため表側矯正をしていても気づかれなかったという患者さんもおります。

 

【上だけ裏側矯正だと値段も安い?】

また、裏側矯正の値段の面からも上下とも裏側矯正よりもハーフリンガルの方が安いことが多いです。料金設定はクリニックの考え方によって異なるので上下とも裏側矯正でも下だけ裏側矯正でも料金が同じこともあります。ちなみに当院では下だけ裏側矯正でも上下とも裏側でも表側矯正でも料金は一緒にしてあります。理由はロボット技術とデジタル化技術を活用したことで表側でも裏側でも同じ労力でできるようになったからです。当院はとにかく時間と労力を大切にしますのでこういう値段設定にしています。

 

【まとめ】

  • 上だけ裏側矯正、下を表側矯正でやる方法を『ハーフリンガル』という
  • 違和感や発音、清掃状態などのデメリットを軽減できる
  • 下の裏側矯正装置は口を開けると見える
  • 下の表側装置もセラミックや白いワイヤーでやるので見た目もよい
  • 上下とも裏側矯正よりも安いことが多い

 

【関連記事】

 裏側矯正のメリットとデメリットを理解しよう!

 裏側矯正の値段について

 

無料で詳しい資料を差し上げております。今スグお電話を! 資料請求バッジ.gif
03-6435-2631

ここからも資料請求できます。

 

 

 

▲このページのトップに戻る