当クリニックの名前の由来

フェイストーク麻布十番矯正歯科ロゴ.png2008年のリーマンショック、2011年の東北関東大震災など未曾有の出来事が相次ぎ、「安心」や「幸せ」感が壊れていくような時代に当クリニックは産まれました。院長の工藤は、このままでは「日本のためにも自分達のためにもならない」と思い、「顔」を良くするクリニックを作りそこで一人でも多くの成功と幸せをサポートして笑顔で喜びを分かち合えるようにすることで日本を元気にしようと思いました。

人の生き方は顔に出てくるものです。いつもイライラしている方はそのような顔に、常に目標に向かって仕事をしている方はそのような顔になってきます。フェイス(顔)がその人をトーク(物語る)という意味で、「幸せ」に満ちた「顔」をプロデュースする医療機関として「FACE TALK」と名づけました。

 

FACE TALKは当クリニックの登録商標です。

 

 

▲このページのトップに戻る