歯並びを直したい

歯並び・噛み合わせを整える歯列矯正治療

YU矯正治療ビフォーアフターsig.jpg

乱杭歯(叢生)と噛み合わせの不正を主訴に来院

治療法:表側矯正、非抜歯治療。拡大しながら叢生とディープバイトを改善した。矯正治療後に右上の矮小歯をラミネートべニアで補綴治療を行いスマイル時の左右のバランスを整えた。咬合状態は矯正治療後で犬歯、臼歯とも1級。

費用:こちらのページを参照のこと

リスク:矯正治療のリスクはこちらから⇒

 

【歯並びが気になる方へ】

歯並びが悪く、とてもお悩みになる方は今では多く、成人女性も様々な歯並びの悩みを抱えて来院しております。「歯並びを治して自分本来の素敵な笑顔に変わりたい」そのようなかみ合わせも含めた歯並びの悩みを解決するのが『歯列矯正治療』です。

 重度の歯並びのガタガタを矯正治療した症例⇒

 

【矯正専門医による安心治療】

当クリニックの『歯列矯正治療』は身体に優しい生理的な矯正力を用いて痛みの少ない歯列矯正治療を実現しました。これによりワイヤー装着後の3日間ほど「歯が浮くような」特殊な違和感がある程度で矯正を施術することが可能になりました。 また、矯正医の特殊な条件を満たす矯正を専門にするドクターによる安心できる矯正治療を提供しております。

 

【見えない矯正装置】

透明な矯正装置と白いワイヤー写真.jpg

よくある質問ですが、矯正中の装置・ワイヤーの見た目が気になるという場合、白い装置・白いワイヤーにしたりすることも可能です。さらに、「どうしても見えない透明な装置がいい」と言う方は裏側からの歯列矯正も可能です。裏側からの歯列矯正は「外からは見えない」という特徴がある一方、「発音が不明瞭になる」、「舌が当たる」などの裏側矯正のデメリットもありますので参考になさってください。その他の装置についての記事もご覧ください。

 

【LF2(Low friction & Low force)とは】

LF2とはその英語名が示す通り、筋肉が発するような弱い持続的な矯正力で治療をおこないワイヤーも矯正装置(ブラケット)に縛り付けないでその弱い力を十分に歯に伝える治療のことです。この治療の良いところは歯の移動や骨の変化がスムーズなことにあります。このLF2で治療すると移動方向にもよりますが歯が生えている土台である歯槽骨を骨を作りながら矯正する能力が高いため、従来と比べ大きく動かすことが可能になりました。

口元が出ている等の口元の形を整える理由ならば抜くこともありますが、一般にLF2システムに熟練したドクターは歯を抜くことが少なくなります。 当クリニックのLow friction & Low forceシステムは主にDr.DwightDamonDr.EtsukoKondoの技術と知識体系に大きく影響を受けています。

 

【ミニインプラントを使って歯の移動が自在に】

従来難しかったのですが、大臼歯が虫歯などでない場合やブリッジ、義歯が入っている部位をミニインプラント(アンカースクリュー)を使うことで隙間を閉じ、歯並びやかみ合わせの矯正治療をすることができるようになりました。隙間を矯正治療で閉じることができれば自分の歯だけでかみ合わせをそろえ入れ歯やブリッジを避けることができます。

このアンカースクリューは応用範囲が広く、顎の移動やガミースマイル、重度の出っ歯など従来難しかった矯正治療を可能にしました。この10年で治療可能な範囲が大きく変わりました。

 ミニインプラントを応用した矯正治療はこちら⇒

 

【緊急時の対応】

装置が外れてしまったときやワイヤーが刺さって痛いなど矯正治療中は緊急処置が必要な場面があるときもあります。まずはお電話ください矯正専門医自身が可及的に早く処置いたします。

その月にすでに来院されている場合には調整料はかかりません。 

 

【インビザライン】

マウスピースを自分で取り外しして定期的に入れ替えて矯正していくマウスピース矯正も適応であれば行っております。当院ではアメリカアラインテクノロジー社のインビザラインを使って歯列矯正治療をしています。マウスピース矯正の正しい適応を知って自分が適応なのかどうか知りたい方は以下のリンクから記事を参照してください。

 透明なマウスピース矯正について「インビザライン矯正」

InvisalignLOGOfull.pnginvisalign-teen-logo.png

【裏側矯正】

当院では矯正歯科医の労力を最小限に抑えながら歯並びの仕上がりのクオリティを上げるためロボット技術を活用してドイツやフランスなどの職人に作ってもらうCAD/CAMを取り入れています。現在はWIN(ウィン)システムをメインに使用しています。

 表側からは見えない歯列矯正治療「裏側矯正」

舌側矯正装置winimagebanner.jpg

スマイル.jpg

Harmony Logo.jpg

【結婚式を控えた人のための矯正】

結婚式では何かと歯を見せる機会が多いものです。当院ではどのような工夫をしているのか以下のリンクから知ることができます。

 結婚式を幸せな笑顔で迎えたい方へ

 

【部分矯正】

前歯だけまっすぐにしてもらたいという方や本当に前歯だけ軽度の叢生がある方に最適です。前歯だけにワイヤーを通して半年程度で治します。

 前歯に限局した矯正治療で費用負担が少ない「部分矯正」

 

【実際の治療例】

歯並びかみ合わせの矯正治療といっても実際はさまざまなタイプがあります。自分はどのタイプの歯並びなのかそれぞれのリンクをクリックしてみてください。

 前歯がガタガタしている

 受け口

 上の歯が出ている

 上下の歯が前に出ている

 はじめから歯が足りない

 上下の歯が左右にズレている

 咬み合せが深い

 歯と歯の間に隙間が開いている

 前歯が上下に開いていて噛めない

 

【矯正歯科の選び方】

 矯正歯科クリニックの選び方について

 

【費用の目安】

 歯列矯正治療の費用の目安について

 

【矯正治療の流れ】  

 矯正治療の流れについて

 

【ブラケット(矯正装置)の種類】

 矯正治療に使われているブラケットの種類について

 

【矯正治療法の比較表】

 さまざまな矯正治療のメリットデメリット一覧表

Atsuo Kudoh info@facetalk.jp

資料請求バッジ.gif

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 03-6435-2631

ここからも資料請求できます。

歯列矯正お役立ち記事

【歯列矯正お役立ち記事】

 

 

  • 筋肉のバランスのとれた位置に歯を並べる矯正歯科治療の利点 矯正装置が外れた時は患者さんも私も非常に嬉しい瞬間です。外した後は、そのきれいな歯並びや顎の位置を維持するために後戻り防止装置(リテーナー)を使用することが必要になります。リテーナーにもさまざまなタイプがあり、最初の患者さんの状態や矯正歯科医によっても何を使用するかは違いますが、いずれにせよ歯、顎の位置を保持しておく器具になります。 続きを読む→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 肩こりの咬み合わせへの影響について パソコンを使うデスクワークの方や最近のスマートフォンの普及に伴い猫背など姿勢が悪くなっている方が増えてきているように思います。それとともに仕事中でも肩こりや頭痛に悩まされる方が増えています。 続きを読む→ 

 

 

 

  • 前歯の隙間いわゆるすきっ歯の矯正治療について 前歯に隙間があると見た目にとても気になるものです。前歯の隙間(空隙歯列弓)の治療は咬み合せに大きな問題が無く軽度の隙間ならセラミックなどで治療することもあります。ある程度大きな隙間だったり歯列全体に及んでいたりする場合には歯列矯正治療を行います。  続きを読む→

 

 

  • 矯正歯科治療の医療費控除まとめ 矯正歯科治療は健康保険が使えない自由診療医療であり治療費は全額自己負担です。そのかわり矯正歯科治療は確定申告で医療費控除による還付金を国から受け取ることができます。この健康保険の代わりのような医療費控除を矯正治療患者さんがだれでもお気軽に利用できるようにわかりやすく3つのポイントにまとめてみました。 続きを読む→

 

 

 

  • 矯正治療中の歯磨き 5つの方法  矯正歯科治療を始める際、必ず担当の先生から気をつけるよう言われることの一つに“歯みがき”があります。
    ワイヤーで矯正する場合には装置とワイヤーが歯の表面に24時間付いています。そのため装置の周囲やワイヤーの下などが汚れやすくなるのです。  続きを読む→

 

  • 矯正治療で使われるおもなゴムのかけ方 矯正歯科では小さな輪ゴム(矯正用エラスティクス)のかけ方を症状に応じてさまざまに使い分けます。表側からのゴムのかけ方を紹介していますが、裏側矯正でも力の作用はいっしょで違うのは表から掛けるか裏から掛けるかの違いだけです。 続きを読む→

 

  • 矯正歯科治療の痛みとは?体験記 矯正歯科治療を考えている患者さんは矯正治療中の痛みを不安に思っている方も多いでしょう。むしろ矯正治療にかかる費用や1年〜2年程度かかる期間などよりも、矯正治療に伴う痛みのほうが気になるかもしれません。 続きを読む→

 

  • 出っ歯の矯正治療 出っ歯とは上の前歯が下の前歯と比べて前方に突出している状態で上顎前突とか2級不正咬合と呼ばれたりもします。出っ歯の方の顔立ちは下の前歯が上の前歯よりもかなり引っ込んでいます。重度の出っ歯は小児期にはからかいの対象となりやすいため・・・ 続きを読む→

 

  • 受け口の非侵襲的な矯正歯科治療 受け口は日本人に多いため矯正歯科ではよくある治療のひとつとなっています。下顎前突といったり三級不正咬合と呼ばれたりもします。受け口の方の歯並びは咬み合わせが反対というだけでなく、がたがたがあったり歯が異常に傾いていることもよくあります。 続きを読む→

 

  • 宇宙医学と矯正歯科 第12回日本抗加齢医学会総会で宇宙医学とアンチエイジング医学というテーマで宇宙航空研究開発機構(JAXA)の大島 博先生の講演を聴いてきました。 続きを読む→

 

  • 八重歯は魅力的? 海外、特にアメリカは歯並びのよさが重要視される社会ですが、そんな人もハロウィーンなどのお祭りではドラキュラ風の牙をつけて楽しむようです。
    最近は日本でも八重歯をわざわざ歯科医院でつけたがる方がいるようです。 続きはこちら→

 

  • 笑顔の3つのチカラ 私たちの社会は仕事のストレスをはじめ、悪いニュースが多い日などはいらいらしたり緊張したりして交感神経が高ぶる機会が多いものです。 続きを読む→

 

 

 

  • 口唇の美しさの基準 前歯が前に出てしまっていて、口を閉じるため、がんばって口唇を閉じなければならない場合、一般的に歯は前に出すぎています。続きを読む→

 

  • スマイルの美の基準 魅力的で美しいスマイルはアメリカのオバマのように選挙に勝利する確立を上げますし、ビジネスにおいては商品を売りその会社の売り上げを向上させる確率を高めます。続きを読む→

 

  • デーモンシステム 当院の矯正治療の技術・知識は最新のLow force & Low friction(LF2)システムで行っていますが、そもそも初期のLF2を世界に浸透させたのは 続きを読む→

 

  • Muscle Wins法 当クリニックの矯正治療は最新のLF2(Low friction & Low force)システムを採用していますが、当クリニックのLF2システムに非常に大きな影響を与えた・・・ 続きを読む→

 

 

 

  • スマイルライン 一般に目標とするスマイルがあります。 スマイルにはスモール・ミディアム・ラージに分類されますが、ミディアムスマイルで判断します。続きを読む→

 

 

  • 骨の形を変える 私たち矯正医がどうやって子供や大人の顔を変えているのか不思議ですよね? 上の図は顎の関節の断面図です。続きを読む→

 

 

  • 矯正歯科治療のリスク 【個人差のリスク】矯正歯科治療も医療の一つですから、必ず個人差があります。したがって、治療に対する反応は患者さんによって異なります・・・続きを読む→

 

 

 

  • 親知らずは抜歯? 矯正歯科治療でレントゲンを撮ると親知らずが写真のように斜めに生えてきていることが頻繁にあります。特に下顎に多いのですが、斜めどころか真横・・・続きを読む→

 

  • 審美歯科と矯正歯科 矯正歯科は歯列矯正治療で歯を動かすことで歯並びを整え好ましい笑顔にします。天然歯を矯正する事でナチュラルな見た目となるだけではなく・・・続きを読む→

 

 

 

 

 

  • ブラケットの種類 ブラケットはワイヤーを通すために歯の一本一本に矯正用接着剤でつける小さな装置です。ワイヤーとブラケットを用いて矯正歯科医は・・・続きを読む→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る