矯正歯科クリニックの選び方

笑顔女性5.jpg【矯正歯科を標榜する歯科医院について】

現在の日本の矯正歯科を標榜している歯科医院を選ぶ際の最低限の目安について整理してみたいと思います。日本の歯科業界は歯科医師であればだれでも矯正歯科を標榜できます


しかしながら、現実を申し上げますと、国家試験に合格して歯科医師になるまでの大学のカリキュラムには、矯正治療は机上の試験はあるのですが、実際に患者さんの担当医となって治療する機会がありません。卒業しても、矯正治療を学びたいと思って、街中のクリニックに勤めるも、やはりスキルアップには限界があります。なので、一般の歯科技術を持った歯科医師でも、矯正治療の技術向上を目指して、再び大学(大学院)に戻るのです。


一般歯科医院で安く矯正歯科治療を受けたけど、いつまでたっても歯並びが直らない、動かないといったお悩みを抱えて当院で再治療を希望される方が後を絶ちません。日本の矯正歯科制度の問題なのでその一般歯科の先生を責めるつもりはありませんが、そのような患者さんに会うたびに心苦しくなります


【矯正歯科医の最低限の質】

矯正治療が初めての先生が、大学で矯正治療を開始すると、通常2年程度かかる矯正治療を一通り仕上げるためには最低3年必要となります。これは、入学したら、まず、「タイポドント」という人工の歯のついた口模型で1年程度かけて練習するからです。このため、一人の患者さんを最初から最後まで自分で丁寧に治療するのに、どんなに速い人でも3年はかかってしまいます(1年+2年)。


したがって、正規の矯正治療を履修しているかどうかの目安として、その先生が「大学で3年以上、矯正治療専門で修行していた」経歴があるかどうかです。実際は3年でも少ないのですが、少しでも安心と信頼できる先生を選びたいなら、最低限の目安にはなるかと思います。


【矯正歯科専門クリニックとは】

続いて、矯正専門でやっている医院について説明していきましょう。 矯正専門でやっているところは、専業で開業するだけの実力を持っている先生がほとんどです。いくら歯科医師であればだれでも標榜できるといっても、多少の矯正治療の経験しか持たない先生はなかなか専業で開業するだけの知識・技術が不足しているため単独での開業するほどの自信はありません。そのような先生は自分のクリニックに矯正歯科専門医を月一回などの頻度で呼んでいます。


【矯正歯科専門クリニック間の違い】

矯正専門で開業している先生でも、料金も治療方針にもかなりの幅があります。各々の先生の矯正知識・技術の違いによって“流派”があり、治療方針や治療の結果で得られるものもまちまちです。また、常に学習を継続して積極的に知識・技術を吸収している先生と、昔ながらの知識・技術に頼りきっている先生とでもできることに違いが出ます。


そのため、最初に相談しに行った先生に「治療困難」と判断されても、他の先生では「治療可能」であることも、特にめずらしくないのです。矯正専門を掲げている医院であってもその先生や医院の特色がありますので、よく資料や連絡を取って安心・信頼できる先生・医院なのか検討してみることです。

 

”弱い力で矯正するため痛みが少ない””歯根や歯槽骨など組織に優しい”などの利点があるLow Force & Low Frictionシステム(例:デイモンシステム)、”筋肉や機能を最大限利用して骨の形を整える””重度の受け口でも手術せずに矯正治療が可能”などの利点があるMuscleWins法、ガミースマイルや顎の歪みを非外科で治せる技術であるアンカースクリュー(矯正用ミニインプラント)を取り入れているかどうかは現在の矯正治療を受ける際の基準となります。さらにこれらに加えて老化からくる顔貌の変化に対応するための抗加齢医学の知識の有無顔とスマイルの評価が出来るかがこれからの矯正歯科選びには考慮に入れなければならないポイントです。当クリニックはこれらの基準を満たす数少ないクリニックです。

これから取り入れたい技術としてデジタル情報のブロックチェーン応用とロボット技術の応用、AIの応用です。すでにロボット技術は裏側矯正で応用して良好な結果を出し続けています。

 

【矯正治療法の比較表】

 さまざまな矯正治療のメリットデメリット一覧表

 

【当クリニック院長について】

 院長ご挨拶

 

【関連記事】

 ”デイモンシステム”とは?

 ”Muscle Wins法”とは?

Atsuo Kudoh info@facetalk.jp

資料請求バッジ.gif

無料で詳しい資料を差し上げております。

今スグお電話を! 03-6435-2631

ここからも資料請求できます。

 

 

▲このページのトップに戻る